m3.com トップ > 臨床ニュース > 便秘診療の“機運”高まらぬ要因【時流◆便秘症】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

便秘診療の“機運”高まらぬ要因【時流◆便秘症】 変わる“秘められたcommon disease”への対応-Vol. 2

2017年8月23日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

便秘症については、国内外でさまざまな定義が示されている。しかし、慢性便秘症については他の疾患と違い、体温や血液、画像検査の所見や症状に関する基準はあいまいで、何が障害されている状態かまで言及したものは少ないようだ。一方で、排便状態や患者の訴えは多彩な上、日本では2種類のクラスの薬剤のみが医療機関での便秘治療の選択肢とされている。島根大学第二内科教授の木下芳一氏、横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏、尾高内科・胃腸クリニック院長の尾高健夫氏による解説と周辺情報を紹介する。(取材・まと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞