m3.com トップ > 臨床ニュース > おんぶで自転車、転倒で重症頭部外傷

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

おんぶで自転車、転倒で重症頭部外傷 小児科学会傷害速報

2017年8月16日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患脳神経外科疾患

日本小児科学会はこのほど、自転車運転中の母親に背負われた乳児が転倒で子守帯から放出され、重症頭部外傷を負った事例が報告されているとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。この乳児はヘルメットを着用しておらず、横断歩道を走行時に左折してきた乗用車と接触して自転車が転倒、乳児が投げ出された。なお、後部座席にはヘルメットとシートベルトを着用した姉(8歳)が座っていたという。急性硬膜下血腫と脳挫傷、症候性てんかんも併発転倒によって子守帯から飛び出した乳児は頭を下にして1m前方に落下。搬送先の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞