m3.com トップ > 臨床ニュース > 風邪に抗菌薬、開業医と勤務医で処方率に差

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

風邪に抗菌薬、開業医と勤務医で処方率に差 調査:「風邪」に抗菌薬使っていますか? Vol. 1

2017年8月23日 m3.com意識調査  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

日常診療のさまざまな場面で抗菌薬を出す機会があるが、どんな症状にどれくらいの医師が処方しているのか、m3.com意識調査「抗菌薬、どう使っていますか?<2>『風邪』への抗菌薬処方」で、m3.com医師会員に尋ねた。その結果、基礎疾患のない感冒に「常に処方している」もしくは「処方することが多い」と回答したのはわずか2割だったが、急性咽頭炎は半数近く、急性気管支炎は5割強、副鼻腔炎では6割近くに上っていた。また、勤務医に対して開業医で積極的に処方する傾向にあること、処方している種類はセフェム系やマク...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞