m3.com トップ > 臨床ニュース > NHK「がん検診見逃し率」報道に学会が見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

NHK「がん検診見逃し率」報道に学会が見解 がん検診への不信感を憂慮

2017年8月23日 日本消化器がん検診学会  カテゴリ: その他

日本消化器がん検診学会はこのほど、公式サイトで、NHKが6月29日に放送した「青森県のがん検診見逃し率40%」という報道に対して、がん検診の見逃しについての定義が不明確であり、見逃しとするべきではない症例も含まれている可能性があるとの見解を示した。「誤解を招く報道」NHKの報道は、青森県の「がん登録データの活用によるがん検診精度管理モデル事業平成28年度報告書」の調査結果に基づくもの。報道では、癌死亡率が12年連続で全国最悪の青森県が県内10町村の癌検診受診者を調査した結果、胃癌と大腸癌で4割が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞