m3.com トップ > 臨床ニュース > ブドウ球菌腸炎に経口バンコマイシン処方しないで、EMA勧告

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ブドウ球菌腸炎に経口バンコマイシン処方しないで、EMA勧告 適正使用徹底のため

国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)はこのほど、海外医薬品安全性情報として、欧州医薬品庁(EMA)がバンコマイシンの処方情報改訂を勧告したことを発表した。抗菌薬の適正使用を徹底するためだという。点滴静注開始量は患者年齢・体重から計算をバンコマイシンは1950年代から使用されている抗菌薬で、重篤な感染症に対する治療選択肢の一つ。EMAはバンコマイシンに関するデータを評価し、点滴静注用のバンコマイシンは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を含む感染症の治療、手術患者における細菌性心内膜炎の予防...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞