m3.com トップ > 臨床ニュース > スボレキサントに「せん妄」予防効果

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

スボレキサントに「せん妄」予防効果

2017年8月23日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患救急投薬に関わる問題

順天堂大学は8月18日、オレキシン受容体拮抗作用による新規不眠症治療薬であるスボレキサントに、せん妄の予防効果があることが判明したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科精神・行動科学の八田耕太郎教授、臼井千恵准教授らの研究グループ「DELIRIA-J」が2015年4月から開始した「スボレキサントのせん妄予防効果:プラセボ対照ランダム化比較試験」の臨床研究結果によるもの。研究成果は「TheJournalofClinicalPsychiatry」に掲載されている。研究グループは今回、新規不眠症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞