m3.com トップ > 臨床ニュース > 悪性リンパ腫疑い、でも確証がない!【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

悪性リンパ腫疑い、でも確証がない!【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.29_1

2017年8月25日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患血液疾患

m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズの第29弾は、診断が困難なことで知られる血球貪食症候群(HPS)の症例を取り上げる。脾臓を摘出し病理検査を行ってもなお血球貪食の原因が突き止められない症例に対し、どう治療を行っていったら良いのか。同センター血液内科ローテート中のジュニアレジデント1年、翠川亜純氏が全5回で報告する。紹介入院、疑い病名は悪性リンパ腫かHPS翠川今日は血液内科をローテーション中に経験した印象的な症例について報告します。血球貪食症候群(HP...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞