m3.com トップ > 臨床ニュース > 花粉症・果実アレルギー誘因物質同定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

花粉症・果実アレルギー誘因物質同定

2017年8月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患

北海道大学は8月23日、西洋ヒノキ(イトスギ)花粉症とモモや柑橘類に対する食物アレルギーの共通原因物質が、防御ペプチドファミリーであることを世界で初めて解明したと発表した。この研究は、同大大学院先端生命科学研究院・国際連携研究教育局の相沢智康准教授と、フランスパスツール研究所のPascalPoncet博士を中心とした国際共同グループによるもの。研究成果は米国アレルギー学会の「JournalofAllergyandClinicalImmunology(JACI)」に掲載された。花粉症患者には、花粉...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞