m3.com トップ > 臨床ニュース > 初の指針「まず読んで欲しい」部分【時流◆便秘症】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

初の指針「まず読んで欲しい」部分【時流◆便秘症】 変わる“秘められたcommon disease”への対応-Vol. 5

2017年9月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

2017年秋頃、日本初の慢性便秘症診療ガイドラインの発行が予定されている。作成には、便秘症診療に関わる第一線の消化器内科・外科専門医が参加。実地臨床に即した慢性便秘症の定義を示し、薬物治療だけでなく、これまで日本であまり知られていなかった標準治療に抵抗性の便秘症に対する非薬物あるいは外科的治療を網羅している。初の指針のポイントと見所を、作成に関わった島根大学第二内科教授の木下芳一氏、横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏、尾高内科・胃腸クリニック院長の尾高健夫氏に聞いた。(取材・まと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞