m3.com トップ > 臨床ニュース > 医師が一般に考える「便秘への検査」は

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

医師が一般に考える「便秘への検査」は 「便秘症診療、どうしていますか」Vol. 2

【時流◆便秘症】では、国内初の「慢性便秘症診療ガイドライン」作成に関わった消化器専門医3氏による解説と最新情報などを紹介している。便秘の要因は多岐にわたる他、便秘に関連する疾患も多いことから、実は初期に多くのルーチンな検査が必要なこともあるようだ(関連記事)。m3.com会員医師に便秘患者への問診で重視する項目とルーチン検査について聞いた。問診で重視は「排便回数と間隔」が32.5%「便秘患者の問診で最も重視する項目」の最多は「排便回数・間隔」で32.5%。次いで「腹痛や膨満感などの腹部症状」「便...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞