m3.com トップ > 臨床ニュース > 最初に選択する便秘薬は

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

最初に選択する便秘薬は 「便秘症診療、どうしていますか」Vol. 3

【時流◆便秘症】では、国内初の「慢性便秘症診療ガイドライン」作成に関わった消化器専門医3氏による解説と最新情報などを紹介している。m3.com会員医師への調査では、現在、臨床現場で最初に選択されている薬剤は主に2剤であることが示された。膨張性下剤と漢方薬は5-6%「便秘で最初に選択することが多い治療薬」の最多は浸透圧性下剤で59.4%。次いで、刺激性下剤が19.8%だった。膨張性下剤と漢方薬はそれぞれ5-6%。新規クラス薬である上皮機能変容薬は3.2%だった。Q.便秘で最初に選択することが多い治...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞