m3.com トップ > 臨床ニュース > 「SMBG補完」新型キットに学会が見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「SMBG補完」新型キットに学会が見解 自己注射例では「SMBGと同様に」

2017年9月1日 日本糖尿病学会  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患その他

日本糖尿病学会はこのほど、新しい自己検査用グルコースキットのフラッシュグルコースモニタリング(FGM)システム「FreeStyleリブレ」の利用案を学会公式サイトに掲載した。血糖自己測定(SMBG)の代替となる性能は有しておらず、SMBGの補完的な位置づけとしたうえで、インスリン製剤・ヒトソマトメジンC製剤・GLP1受容体作動薬の自己注射を週に1回以上行っている糖尿病患者では、SMBGと同様とすることが妥当としている。FGMシステムは、皮下間質液中のグルコース濃度を毎分測定して記録・表示する機能...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞