m3.com トップ > 臨床ニュース > 安全性高い「クルクミン」開発に成功

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

安全性高い「クルクミン」開発に成功

2017年9月6日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 投薬に関わる問題その他

京都大学は9月1日、ウコンに含まれるクルクミンの生体内代謝物に着目し、安全性の高い水溶性プロドラッグ型クルクミン「CMG」の開発に成功したと発表した。この研究は、同大学の掛谷秀昭大学院薬学研究科教授、金井雅史大学院医学研究科特定准教授らの研究グループと、株式会社セラバイオファーマらの研究グループによるもの。研究成果は、日本薬学会誌「BiologicalandPharmaceuticalBulletin」にオンライン掲載された。クルクミンには、さまざまな生理作用が報告されており、がん、心臓病、アル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞