m3.com トップ > 臨床ニュース > カナリア、2型DM治療で相加効果とは

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

カナリア、2型DM治療で相加効果とは

2017年9月7日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

田辺三菱製薬株式会社と第一三共株式会社は8月31日、選択的DPP-4阻害剤「テネリア(R)錠」(一般名:テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物)とSGLT2阻害剤「カナグル(R)錠」(一般名:カナグリフロジン水和物)の配合剤「カナリア(R)配合錠」が、2型糖尿病を効果・効能として製造販売承認を取得したことを受けて、メディアセミナーを開催した。同セミナーでは、食事療法・運動療法に加えて、テネリグリプチン20mg/日の単独投与で血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者138例(7.0%≦HbA1c値<1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞