m3.com トップ > 臨床ニュース > 下痢への抗菌薬、診療科別の処方率は?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

下痢への抗菌薬、診療科別の処方率は? 調査:下痢に抗菌薬使っていますか?―Vol. 1

2017年9月12日 m3.com意識調査  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

抗菌薬が処方されがちな症例の一つに下痢が挙げられるが、今年6月に厚生労働省が公表した「抗微生物薬適正使用の手引き」では、軽症の下痢への抗菌薬処方を推奨していない。m3.com意識調査「抗菌薬、どう使っていますか?<3>下痢への抗菌薬処方」では、m3.com医師会員896人の8割以上が、軽症下痢に「全く処方しない」「あまり処方しない」と回答。「処方派」が少数派であることが分かった。一方で、「処方派」の割合は診療科によって異なること、処方している抗菌薬の種類はキノロン系が最も多いことも明らかになった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞