m3.com トップ > 臨床ニュース > 心血管救急3つの「標準」、渋い結果に【時流◆ESC2017ピックアップ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心血管救急3つの「標準」、渋い結果に【時流◆ESC2017ピックアップ】 酸素療法、病院前投薬、気道管理

2017年9月12日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患救急その他

欧州心臓病学会年次集会(ESC2017、8月26-30日、スペイン・バルセロナ)公式プレスリリースから編集部が独自に選んだ、ホットな話題をピックアップして紹介する。第1回は、心血管救急に関する臨床試験3題。(1)急性心筋梗塞疑い患者6229例が対象のルーチンの酸素投与による予後改善効果を検討したオープンラベルのランダム化比較試験(RCT)DETO2X-AMI、(2)院外心停止例に対するバッグバルブマスクと気管挿管による神経学的予後良好の生存率を比較した多施設RCTのCAAM、(3)ST上昇心筋梗...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞