m3.com トップ > 臨床ニュース > 起死回生へ一歩?!腎除神経とCETP薬【時流◆ESC2017ピックアップ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

起死回生へ一歩?!腎除神経とCETP薬【時流◆ESC2017ピックアップ】 いずれも現時点では「ポジティブ」

欧州心臓病学会年次集会(ESC2017、8月26-30日、スペイン・バルセロナ)公式プレスリリースから編集部が独自に選んだ「ホットな」話題をピックアップして紹介する。第3回は、治療抵抗性高血圧の新たな選択肢として期待を集めたものの、臨床第III相試験(SymplicityHTN-3)でsham群との有意差を示せず、一度は関連試験が中止された腎除神経術(renaldenervation)と、3品目が有効性や安全性などの問題で開発を断念した新規クラスのコレステロール転送蛋白(CETP)阻害薬の臨床第...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

内分泌・代謝疾患

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞