m3.com トップ > 臨床ニュース > 下痢に抗菌薬「医学的に間違っている」「逆効果」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

下痢に抗菌薬「医学的に間違っている」「逆効果」 調査:下痢に抗菌薬使っていますか?―Vol. 2

2017年9月14日 m3.com意識調査  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

不要な抗菌薬の使用自粛に対する機運が高まっている中、医師たちはどんな意識を持っているのか。m3.com意識調査で、m3.com医師会員(896人)に基礎疾患のない成人の下痢への抗菌薬処方を尋ねたところ、「全く処方しない」37.1%、「あまり処方しない」45.6%で、「処方しない派」が8割を超えた。自由回答欄にはそんな多数派から、逆効果や耐性菌出現を懸念する意見のほか、「医学的に間違っている」「なぜ下痢に抗菌薬が必要と考えるのかがむしろ疑問です」といった声も寄せられた。ここでは「処方しない派」の自...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞