m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗がん剤ミトキサントロン、腎臓病の症状改善

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗がん剤ミトキサントロン、腎臓病の症状改善

2017年9月20日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

東北大学は9月14日、抗がん剤「ミトキサントロン」が、転写因子GATA2の活性を阻害することで腎臓病の症状を改善することを、世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科医化学分野の于磊博士研究員、森口尚前講師(現・東北医科薬科大学教授)、山本雅之教授(兼・東北メディカル・メガバンク機構機構長)、同分子血液学分野の清水律子教授らのグループが、慶応義塾大学医学部先端医科学研究所の佐谷秀行教授らとの共同研究により行ったもの。研究成果は、米科学雑誌「MolecularandCe...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

投薬に関わる問題

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞