m3.com トップ > 臨床ニュース > ビデュリオン、総死亡率低下の可能性

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビデュリオン、総死亡率低下の可能性

2017年9月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

英アストラゼネカ社は9月14日、2型糖尿病患者対象のEXSCEL試験の全試験結果を明らかにし、GLP-1受容体作動薬「ビデュリオン」(一般名:エキセナチド)が心血管リスク全般を増加させず、心血管系イベントに対する安全性を示したと発表した。この結果は、第53回欧州糖尿病学会(EASD)年次集会で発表され、「ニューイングランドジャーナルオブメディシン」のオンラインで掲載された。EXSCEL試験は、第3b/4相二重盲検プラセボ対照国際共同心血管アウトカム試験。複数の心血管リスク要因や心血管イベントの既...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞