m3.com トップ > 臨床ニュース > 運転免許更新にかかる認知症診断、現場の本音

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

運転免許更新にかかる認知症診断、現場の本音 「今回だけは見逃してくれと言われた」「医師への責任の押し付けだ」

2017年9月22日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患

m3.com意識調査「運転免許更新にかかる認知症診断、どうしてる?」で、高齢ドライバーの免許更新に関わる自由意見を聞いたところ、さまざまな声が寄せられた。認知症患者が起こした悲惨な自動車事故の事例を踏まえ、認知症疑いのある患者に診断書の提出を義務づけた改正道路交通法については、「認知症患者は運転すべきでない」と肯定的に受け止める声がある一方、「医師への責任の押し付けだ」との批判も多々。さらに、「『今回だけは見逃してくれ』と言われた」と困惑する現場の声も。一部を紹介する。「認知症診断は主治医の矜持...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞