m3.com トップ > 臨床ニュース > CVライン開放での空気塞栓症に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

CVライン開放での空気塞栓症に警鐘 脳梗塞を来した事例も

日本医療機能評価機構はこのほど、大気に開放される状態で中心静脈(CV)ラインの接続を外したことで血管内に空気が流入した事例が、2013年3月-17年7月に7件報告されているとして、注意を喚起する医療安全情報を発した。空気塞栓により脳梗塞を起こした事例も報告されているという。CVカテーテルのクランプを閉じずに接続を外すと血管内に空気が流入する危険性を院内で周知することなどを再発防止策として紹介している。CVラインの接続を外した目的は、更衣、ヘパリンロック、輸液ラインの取り外し、採血。報告された7件...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞