m3.com トップ > 臨床ニュース > 肝癌発症との相関、3遺伝子で認めず

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肝癌発症との相関、3遺伝子で認めず

2017年9月25日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患その他

大阪市立大学は9月20日、肝がんとの相関関係が報告されていた4つの遺伝子「MICA」「DEPDC5」「HCP5」「PNPLA-3」の中で、MICA遺伝子以外に相関関係が認められなかったと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科肝胆膵病態内科学の田守昭博病院教授らによるもの。同一集団を対象に4つの遺伝子を解析したのは世界初だという。研究成果は、「ScientificReports」に掲載された。肝がんの約60~70%は、C型肝炎ウイルス(HCV)感染が原因とされている。HCV感染後、ウイルスが排...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞