m3.com トップ > 臨床ニュース > H2ブロッカーとPPIの併用不可に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

H2ブロッカーとPPIの併用不可に 支払基金、アレ鼻炎へのインタール点眼も「認めず」

2017年9月27日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患

社会保険診療報酬支払基金は9月25日、第2回「支払基金における審査の一般的な取扱い(医科)」を公表し、保険請求の審査では、H2ブロッカーとプロトンポンプ阻害薬(PPI)の併用投与は原則として認めないことなどを明示した。両薬は同効の薬剤であり、それぞれが単独使用で所期の効果は期待できることが理由となった。その他、単なるアレルギー性鼻炎に対するインタール点眼液投与や、単なる浣腸あるいは坐薬挿入時のキシロカインゼリー2%の使用など、計12項目の社会保険診療上の取り扱いについて、方針を説明している。速効...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞