m3.com トップ > 臨床ニュース > エサキセレノン、糖尿病性腎症対象P3を開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

エサキセレノン、糖尿病性腎症対象P3を開始

2017年9月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

第一三共株式会社は9月25日、ミネラロコルチコイド受容体ブロッカー(MRB)「エサキセレノン」(CS-3150)について、糖尿病性腎症患者対象の国内第3相臨床試験「ESAX-DN試験」を開始したと発表した。糖尿病性腎症は、透析導入の原疾患の中では43.7%と最も多い割合を占めており(2015年)、積極的な治療が必要とされている。治療としては、糖尿病に対する治療をはじめ、血圧や脂質の管理が推奨され、レニン・アンジオテンシン(RA)系阻害薬による薬物療法が推奨されている。しかし、治療満足度および薬剤...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

投薬に関わる問題

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞