m3.com トップ > 臨床ニュース > ピロリ抗体評価に対する勧告の意義【時流◆胃癌リスク】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ピロリ抗体評価に対する勧告の意義【時流◆胃癌リスク】 杉山敏郎・日本ヘリコバクター学会理事長に聞く◆Vol. 1

胃癌リスク評価に対する勧告の意義を解説する杉山氏胃癌リスクの評価を巡っては、2年前から「胃がんリスク層別化検査(ABC分類)」の基準に対する注意喚起や見直しが相次いだ。さらに、日本ヘリコバクター学会の「胃がんリスク評価に資する抗体法適正化委員会」が、2017年7月に勧告を出した(『胃癌リスク評価で学会委員会が勧告』を参照)。この勧告では、最も広く使用されているヘリコバクター・ピロリ(Hp)血清抗体価測定法を用いた場合の実用的な留意点、適切な使用法に言及している。その意義について、同学会理事長の杉...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞