m3.com トップ > 臨床ニュース > ピロリ除菌、安易な「失敗」判定は禁物【時流◆胃癌リスク】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ピロリ除菌、安易な「失敗」判定は禁物【時流◆胃癌リスク】 杉山敏郎・日本ヘリコバクター学会理事長に聞く◆Vol. 3

2017年10月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患感染症検査に関わる問題

Hp除菌判定のPitfallを指摘する杉山氏胃癌リスクを評価し、必要とあらばヘリコバクター・ピロリ(Hp)除菌のプロセスを踏む。一方で、除菌の成否を判定する際に、はまりがちなPitfallがあるという。日本ヘリコバクター学会理事長の杉山敏郎氏(富山大学大学院消化器造血器腫瘍制御内科学教授)は、「安易な失敗判定は禁物」と呼びかけている。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・森圭吾)微妙な値は再判定も考慮を――「H.pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版」では、除菌判定に尿素呼気試...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞