m3.com トップ > 臨床ニュース > TECENTRIQ、肺・尿路上皮癌でEC承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

TECENTRIQ、肺・尿路上皮癌でEC承認

2017年9月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

スイス・ロシュ社は9月22日、化学療法の治療歴がある局所進行または転移性非小細胞肺がんに対し、PD-L1の発現状況に関わらず、TECENTRIQ(atezolizumab)の単剤療法の承認を欧州委員会(EC)より取得したと発表した。EGFRもしくはALK遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん患者はTECENTRIQの投与前に、これら特定の遺伝子を標的とした医薬品による治療も受けていることが必要。また、白金製剤ベースの化学療法の治療歴のある、もしくはcisplatinベースの化学療法が不適格な局所進行また...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞