m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃癌予防のHp検査は10-20代が妥当?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃癌予防のHp検査は10-20代が妥当? 「ピロリ検査、どうしてますか?」Vol.4

m3.com意識調査「ピロリ検査、どうしてますか?」で、胃癌リスク評価を目的としたヘリコバクター・ピロリ(Hp)感染症の検査は、どの年代から行うのが妥当か選択肢を示して質問したところ、医師会員727人のうち最多の26.0%が「20歳代」と回答したが、「中学生」「高校生」「18-19歳」を選択した回答割合を合計すると27.0%で10歳代が上回った。診療科別で「中学生」と回答した割合が15%を超えたのは、小児科(40人)20.0%、消化器科(99人)19.0%の2科のみだった。Q.胃癌リスク評価を目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞