m3.com トップ > 臨床ニュース > C型肝炎薬「マヴィレット配合錠」承認

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C型肝炎薬「マヴィレット配合錠」承認

2017年10月3日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患感染症投薬に関わる問題

米アッヴィは9月27日、すべての主要なジェノタイプ(GT1~6型)のC型肝炎ウイルス(HCV)に感染した成人患者に対する1日1回投与のリバビリンフリー治療薬「マヴィレット(R)配合錠」(一般名:グレカプレビル/ピブレンタスビル)が、厚生労働省に承認されたことを発表した。日本は先進国の中でC型肝炎ウイルスの感染率が最も高い国のひとつ。およそ200万人が罹患しており、その97%がGT1型およびGT2型のC型慢性肝炎に感染した患者とされる。また、日本は先進国の中でC型慢性肝炎とその合併症が主な原因とな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞