m3.com トップ > 臨床ニュース > フルワクチン「十分確保」半数下回る

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

フルワクチン「十分確保」半数下回る 2017/18季節性インフルエンザワクチンに関する意識調査-Vol. 1

2017年10月4日 m3.com意識調査  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患感染症

厚生労働省は、今シーズンの季節性インフルエンザワクチンの製造量が過去の5年間の使用実績を若干下回るとの見通しを示している。m3.com意識調査では、今シーズンの季節性インフルエンザワクチンに関する医療機関での対応について、アンケートを実施。回答医師会員における「10月上旬からの接種開始が可能なワクチン量を十分確保できている」割合は38%、「できるが十分な量ではない」は30%だった。(まとめ:m3.com編集部坂口恵)開業医と勤務医で若干の差も開業医では勤務医に比べ「10月から自施設で接種可能な十...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞