m3.com トップ > 臨床ニュース > 皮下脂肪組織から血小板を大量培養

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

皮下脂肪組織から血小板を大量培養

2017年10月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患皮膚疾患その他

慶應義塾大学は10月2日、皮下脂肪細胞が巨核球を経て血小板に分化することを発見し、試験管内で安定的に皮下脂肪組織から血小板を大量に創製する培養技術を確立したと発表した。この研究は、同大医学部臨床研究推進センターの松原由美子特任准教授らと、神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)との共同研究によるもの。ヒト皮下脂肪組織には、間葉系のさまざまな種類の細胞へ分化することができる脂肪前駆細胞(脂肪幹細胞/間葉系間質細胞/間葉系幹細胞)、Adipose-derivedMesenchymalStem/s...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞