m3.com トップ > 臨床ニュース > シダキュアスギ花粉舌下錠で留意事項

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

シダキュアスギ花粉舌下錠で留意事項 医師の講習受講などで適正使用を呼びかけ

日本アレルギー学会は10月3日、舌下免疫療法薬「シダキュアスギ花粉舌下錠2,000JAU及び5,000JAU」が2017年9月27日に承認されたことを受け、厚生労働省医薬・生活衛生局が同日発出した「舌下投与用スギ花粉エキス原末錠の使用に当たっての留意事項について」の通知をホームページに掲載した。同剤はアナフィラキシーなど重篤な副作用が発現するリスクがある。このため医師が講習を受講することや薬剤師が調剤前に処方医が必要な講習を修了したかを確認するなどして、同剤の適正使用を呼びかけている。厚生労働省...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞