m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症喘息でベンラリズマブ早期認可要望

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症喘息でベンラリズマブ早期認可要望 気道の好酸球のほぼ完全な除去を示す

日本アレルギー学会は10月3日、重症喘息をターゲットとした抗インターロイキン(IL)-5受容体α鎖抗体「ベンラリズマブ」の早期認可に関する要望書を、厚生労働省医薬食品局審査管理課長宛てに提出したと発表した。ベンラリズマブは、気道の好酸球をほぼ完全に除去することが示されており、抗IL-5抗体でもコントロールできない重症喘息患者にとって緊急性の高い薬剤になるとして、同学会は同剤の早期認可に向けた迅速な審査を要望している。好酸球をターゲットとした抗IL-5抗体「メポリズマブ」が2016年3月に承認され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞