m3.com トップ > 臨床ニュース > 新規マクロライド系抗菌薬を申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新規マクロライド系抗菌薬を申請

2017年10月11日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患感染症投薬に関わる問題

サノフィ株式会社は10月5日、胎児における先天性トキソプラズマ症の発症抑制剤として開発中のスピラマイシンについて、厚生労働省に製造販売承認申請を行ったことを発表した。トキソプラズマ症は、加熱不十分な食肉、飼い猫のトイレ掃除、園芸、砂場遊び、洗浄不十分な野菜や果物を介して、トキソプラズマ原虫が口から体内に入り、発症することがある。通常、健康成人または小児が感染する「後天性トキスプラズマ症」では、ほとんどの場合症状はないが、約1割に風邪のような症状が出現し、数週間で回復する。しかし、妊娠中の女性がト...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞