m3.com トップ > 臨床ニュース > 「指導医は背中で語る」の実践法【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「指導医は背中で語る」の実践法【研修最前線】 研修最前線 第15回日本病院総合診療医学会学術総会「三銃士:研修医の指導に悩むDr.よ集まれ!」 Vol.2

2017年10月17日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患

第15回日本病院総合診療医学会学術総会(9月、千葉県)教育講演「三銃士:研修医の指導に悩むDr.よ集まれ!」の模様を紹介するm3.com研修最前線。第2回は、「三銃士」こと順天堂大学医学部総合診療科・高橋宏瑞氏のプレゼンテーションに引き続き、伊“LazzaroSpallanzani”NationalInstituteforInfectiousDiseasesの鎌田一宏氏(写真)、順天堂大学医学部附属練馬病院救急集中治療科・坂本壮氏の発表を取り上げる。3人が示す指導の3本柱は「自分を語れ」「姿勢で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞