m3.com トップ > 臨床ニュース > 高免疫賦活化効果のmRNAワクチン開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

高免疫賦活化効果のmRNAワクチン開発

2017年10月17日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)は10月11日、mRNAに免疫賦活化作用が強い2本鎖RNA構造を組み込むことで、アジュバント機能を一体化させたmRNAワクチンを開発したと発表した。この研究は、東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻特任助教で同センター客員研究員の内田智士客員研究員、東京医科歯科大学生体材料工学研究所生体材料機能医学分野教授で同センター主幹研究員の位髙啓史主幹研究員らによるもの。研究成果は、「Biomaterials」に掲載された。タンパク質を作りだすmR...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞