m3.com トップ > 臨床ニュース > 鶏卵アレルギー発症予防の提言を解説

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

鶏卵アレルギー発症予防の提言を解説 日本小児アレルギー学会が小児科医向けと一般向けの双方で

日本小児アレルギー学会は10月12日、小児科医と患者・一般向けそれぞれに対する「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」の解説を公式サイトに掲載した。この解説では、鶏卵の早期摂取の対象を、生後6カ月未満で、アトピー性皮膚炎(AD)をスキンケアとステロイド外用薬により寛解させることができた乳児とし、生後6カ月から、国立成育医療研究センターが中心の研究グループが発表した「PETITスタディ」の方法を参考として微量の加熱鶏卵摂取を開始するよう呼びかけている。日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会は、2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞