m3.com トップ > 臨床ニュース > パクリタキセル副作用「しびれ」を予防

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

パクリタキセル副作用「しびれ」を予防

2017年10月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

京都大学は10月16日、手足を冷却することで抗がん薬パクリタキセルの副作用の末梢神経障害(しびれ)を予防できることを確認したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科学生の華井明子氏、石黒洋特定准教授(現・国際医療福祉大学医学部教授)ら研究グループによるもの。研究結果は、「JournaloftheNationalCancerInstitute(JNCI)」に掲載された。乳がんや肺がん等の治療に用いるパクリタキセルは、副作用でしびれが生じることがある。この原因は、神経にパクリタキセルが取り込まれ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞