m3.com トップ > 臨床ニュース > 麻疹ウイルスベクター使用しiPS作製

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

麻疹ウイルスベクター使用しiPS作製

2017年10月24日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 感染症その他

タカラバイオ株式会社は10月19日、九州大学が保有する新規遺伝子導入用ベクターである麻疹ウイルスベクターを用いたiPS細胞作製技術のライセンス契約を締結し、全世界での独占的実施権を取得したと発表した。タカラバイオは、同技術の発明者である東京大学医科学研究所ALA先端医療学社会連携研究部門の谷憲三朗特任教授(元九州大学生体防御医学研究所教授)、および国立感染症研究所ウイルス第三部の竹田誠部長(元九州大学大学院医学研究院准教授)らとともに、麻疹ウイルスベクターを用いたiPS細胞作製技術開発の共同研究...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞