m3.com トップ > 臨床ニュース > クレブシエラ菌の腸管内定着が炎症性腸疾患発症に関与か

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

クレブシエラ菌の腸管内定着が炎症性腸疾患発症に関与か

2017年10月25日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患感染症

慶応大学は10月20日、腸内細菌叢の乱れに乗じて、口腔に存在するクレブシエラ菌が腸管内に定着することで、免疫細胞の過剰な活性化を引き起こし、クローン病や潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患などの発症に関与する可能性があることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大医学部の本田賢也教授(理化学研究所統合生命医科学研究センター消化管恒常性研究チームリーダー兼任)と早稲田大学理工学術院の服部正平教授らを中心とする共同研究グループによるもの。研究成果は「Science」に掲載されている。消化管や口腔などに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞