m3.com トップ > 臨床ニュース > ヒルドイドなどの適正処方、学会が呼びかけ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ヒルドイドなどの適正処方、学会が呼びかけ 美容目的での処方増大で近年話題に

日本皮膚科学会はこのほど、「医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的処方等に関連する問題について」の通知を学会公式サイトに掲載した。今回の通知は、ヒルドイドなど医療用ヘパリン類似物質製剤の美容を目的とした処方の増大と、それを問題視した記事が掲載されるなど話題となっていることを受けて発表されたもの。同学会は適正処方を呼びかけている。健保連「保湿剤処方そのものの保険適用外も検討すべき」2014年頃から、ヒルドイドなどの医療用ヘパリン類似物質製剤の美容目的の処方が増大しており、この状況を問題視した記事が掲...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞