m3.com トップ > 臨床ニュース > 再生不良性貧血「輸血フリー」実現に向けた最新治療

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

再生不良性貧血「輸血フリー」実現に向けた最新治療

2017年10月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

ノバルティスファーマ株式会社は10月16日、「再生不良性貧血のメディカルニーズに対応する″輸血フリー″実現に向けた最新治療戦略」と題したメディアセミナーを開催。「再生不良性貧血の病態と最新の治療」をテーマに、金沢大学医薬保健研究域医学系血液・呼吸器内科教授の中尾眞二氏が講演した。再生不良性貧血は、骨髄にある造血幹細胞が減少することで、汎血球が減少する疾患。再生不良性貧血のほとんどは特発性再生不良性貧血であり、その多くは免疫の異常によって起きる。指定難病であり、国内における患者数は2013年時点で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞