m3.com トップ > 臨床ニュース > オラパリブ、乳癌適応で承認申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

オラパリブ、乳癌適応で承認申請

2017年10月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

英アストラゼネカと米メルク・アンド・カンパニーは10月23日、日本において、BRCA遺伝子変異陽性の手術不能または再発乳がんを予定効能・効果とする「オラパリブ」の医薬品製造販売承認申請を行ったと発表した。2018年下半期までに、医薬品医療機器総合機構(PMDA)による承認の判断がされる予定。オラパリブは、経口ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤。DNA損傷応答(DDR)経路に異常をきたしたがん細胞に特異的に作用し、細胞死を誘導する。invitro試験により、オラパリブ誘発細胞毒...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞