m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性咳嗽「絨毯爆撃的処方」はNG【時流◆慢性咳嗽】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性咳嗽「絨毯爆撃的処方」はNG【時流◆慢性咳嗽】 名古屋市立大学呼吸器・免疫アレルギー学教授 新実彰男氏の解説-Vol. 4

日常臨床で多く遭遇する慢性咳嗽。専門医を受診するほどの難治の症例では罹病期間が平均6年以上との報告もある。名古屋市立大学呼吸器・免疫アレルギー学教授の新実彰男氏に、慢性咳嗽診療の基本を聞いた。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)――慢性咳嗽ではドクターショッピングが起こるリスクも指摘されていますが、初診医から専門医へのスムーズな連携で適切な診療を実施するために、再診までにかかりつけ医が患者に働きかけておくべきポイントを教えてください。薬剤の効果を見ることが重要なので、処方された薬剤を確実...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

消化器疾患

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞