m3.com トップ > 臨床ニュース > 骨格筋でのカテプシンKの役割解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

骨格筋でのカテプシンKの役割解明

2017年10月30日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 整形外科疾患

名古屋大学は10月24日、骨格筋再生・修復におけるcathepsinK(カテプシンK)の役割とその機序を明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学の小笠原真雄大学院生、同大未来社会創造機構モビリティ部門人間・加齢特性グループの成憲武特任准教授らの研究チームによるもの。研究成果は「JournalofCachexia,SarcopeniaandMuscle」に掲載されている。カテプシンKは、リソソームでスカベンジャーとして働くシステイン・プロテアーゼのひとつ。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞