m3.com トップ > 臨床ニュース > AML「根治」を実現する治療法を開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

AML「根治」を実現する治療法を開発

2017年10月31日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患その他

理化学研究所は10月26日、急性骨髄性白血病の一部症例において、発症に関わる遺伝子「FLT3」の異常と、治療抵抗性に関わる遺伝子「BCL-2」を突き止め、この2つの遺伝子を手がかりに根治を実現する治療法を開発したと発表した。この研究は、理研統合生命医科学研究センターヒト疾患モデル研究グループの石川文彦グループディレクターら国際共同研究グループによるもの。米科学雑誌「ScienceTranslationalMedicine」オンライン版に掲載されている。白血病の中でも成人に多い血液がんである急性骨...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞