m3.com トップ > 臨床ニュース > 個別癌ワクチン創製へ共同研究契約

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

個別癌ワクチン創製へ共同研究契約

2017年10月31日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 投薬に関わる問題

国立がん研究センターとブライトパス・バイオ株式会社は10月27日、ネオアンチゲンワクチンによる完全個別化がん免疫療法の共同研究契約を締結したと発表した。がん免疫療法の分野では、遺伝子解析技術の飛躍的進歩を背景に、個々の患者の免疫応答、がん細胞、がん組織の環境などの特性を解析したうえで、個々の患者に最適ながん免疫療法を提供する個別化医療の試みが始まっている。ブライトパスは、がん免疫療法の開発を行う創薬バイオベンチャー。国内ではテーラーメイド投与法を採用した後期臨床試験、米国では免疫チェックポイント...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞