m3.com トップ > 臨床ニュース > コリスチン製剤過剰投与に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コリスチン製剤過剰投与に注意喚起 初回の1日投与量、34%が過剰投与

2017年11月1日 日本化学療法学会  カテゴリ: 感染症投薬に関わる問題

日本化学療法学会はこのほど、抗菌薬「注射用コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム」(商品名:オルドレブ点滴静注用150mg)に関する留意事項を公式ホームページに掲載した。製造販売元のグラクソ・スミスクラインによる使用成績調査によれば、初回の1日投与量の過剰投与例が投与開始前クレアチニンクリアランス(Ccr)値の算出可能な135例のうち、34%に見られたという。同学会は、腎機能に応じて同剤の用法・用量を調節するなど、添付文書の記載事項に沿った適正使用をするよう注意を呼びかけている。コリスチンメタンス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞