m3.com トップ > 臨床ニュース > 慢性腎臓病貧血薬の腹膜透析患者対象P3良好

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

慢性腎臓病貧血薬の腹膜透析患者対象P3良好

2017年11月6日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

アステラス製薬株式会社と米FibroGen,Inc.は10月31日、両社が共同で開発を進めるロキサデュスタット(開発コード:ASP1517/FG-4592)について、日本人の慢性腎臓病(CKD)に伴う貧血患者を対象とした最初の第3相臨床試験の結果を発表した。この試験の詳細なデータは、今後の論文での発表を予定している。ロキサデュスタットは、経口投与可能な低酸素誘導因子(HIF)プロリン水酸化酵素阻害剤。HIFは、低酸素の状態に向かう自然な生理学的反応を誘導して赤血球生成やその他の防除経路を最適化す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞